爆サイ北ピンボール

ブッチとは

大切な家族のために、
安心できるものを与えて欲しいから。
“無添加”ドッグフード・キャットフード『ブッチ』の
こだわりや安全性についてご紹介します。

ブッチの歴史

はじまりは犬のために

ブッチ・ペット・フーズ社は1964年にニュージーランドのルアワイに設立されました。かつてニュージーランドでは、エサに生肉を与えられている犬たちの多くが病気や体調不良に悩まされていました。そのことに気付いたブッチ社の創業者であるロビー夫妻は、様々な研究の中、生肉にとりつくある種のバクテリアなどが犬を悩ます原因であることを突き止めました。そこでふたりは、生肉よりも管理しやすく、栄養面でも安定した状態を保てる世界初のチルド・ペットフードを開発したのです。

創業者 ロビー夫妻(イアンとロレイン)

ニュージーランドは西岸海洋性の気候に恵まれており、自然豊かな国土を有しています。夏は涼しく冬は温暖なため、牛や羊といった家畜の飼育に非常に適した環境です。そのため、牧畜業と畜産物の加工業はニュージーランドの代表的な産業として発展し、牛や羊の数は人口の10倍以上にのぼります。
最近では牧草地内の移動に4輪バイクなどが使用されていますが、いまも昔も羊の群れを追うための牧羊犬たちは欠かせない存在です。
牧羊犬が体調を崩すことは、生活の破綻に直結しかねません。ブッチはそんな羊農家や牧羊犬の専門家たちから高い評価を得ることに成功しました。

豆知識

チルド・ペットフードはドッグロールやミートロールとも呼ばれており、最近では米国内でも急成長しているカテゴリーのペットフードです。

日本では珍しいチルドタイプのペットフードですが、ニュージーランドではドライフードと同等のシェアがあり、一般的なドッグフード・キャットフードとして広く流通しています。

チルド・ペットフードはドッグロールやミートロールとも呼ばれており、最近では米国内でも急成長しているカテゴリーのペットフードです。 日本では珍しいチルドタイプのペットフードですが、ニュージーランドではドライフードと同等のシェアがあり、一般的なドッグフード・キャットフードとして広く流通しています。

創業から現在のNZブッチ社

十分な管理体制がないまま生肉をペットに与えることを懸念していた政府と牧羊犬農家によって支持され、会社は着実に成長していきました。そんな折、ブッチ社創業時から使用している工場が火災によって全焼。幸いにも無事だったロビー夫妻でしたが、財産のほとんどすべてを失います。しかし、犬の健康が仕事に大きな影響与える羊農家たちからの信頼に応えるべく、ブッチ社は本拠をオークランドへ移し再出発しました。
移転後はさらなる製品の品質向上につとめ、ブッチ社ならではの素材を活かした調理方法やパッキング技術などの研究・開発を絶やさず、今日まで至っています。
現在ブッチ社では、年間600万本以上のチルド・ペットフードを製造しており、ニュージーランドにおけるチルド・ペットフード界の最大シェアを誇っています。

環境規制が世界一厳しいと言われるニュージーランドで徹底的に品質管理されている“無添加”ドッグフード・キャットフード『ブッチ』。その原材料や製造方法などへのこだわりについて詳しく解説しています。

上へ戻る